今日は何の日、でもなく

いろいろなリンク集

声で原稿が書きた〜い。Ami Voice SP

音声認識ソフトウェアといえばIBMのような大手が開発していたものが有名だが、AmiVoiceという最先端音声認識エンジンは英語発音矯正まで出来ちゃう(注:その場合はAmiVoiceCALLLITEになります)ようなすごいソフト。AmiVoiceSP、DL版ならばヘッドセットマイクがついてくる(終了した場合はごめんなさい)。AmiVoiceSPを使って、タイピング無しで1分に200文字相当の情報を入力してみましょう。この製品の特徴は学習機能、単語登録可能、同音異義語もカーソルを当てるだけで他の変換候補をリストアップできたりします。認識エンジンもブログ日記・メール辞書、しゃべりことば辞書、書き言葉辞書、政治経済辞書と4つあり、認識率を向上させているとか。

録音物の場合は口元とマイクの距離が5cm以内でかつはっきりとした音声で(できるだけ高音質モード)あることが条件になるので、それが不可能な場合は、自分で録音した音声を再生しながら、ヘッドセットマイクに向かって復唱するなどの方法をとることになる。

権利元のサイトを見てみると、店頭デモンストレーションもヨドバシカメラなどでも行われているうえ、常設展示している団体も障害者団体を中心に結構あるようだ。
ということはそれなりには評価を得ていると思われる。