今日は何の日、でもなく

いろいろなリンク集

EMSとUPSとFEDEX、なんであんなに単価が違うのだ

郵便局がやってるからしょうがないんだろうけど、圧倒的にEMSのほうが安い。きょう北米に送った荷物なんか横長の変形ダンボール1個、EMSで7500円だけど、オフィス系のショップからUPSで送ろうとしたら45000円、安いプランでも30000円(概算)と言われた。

勿論UPSFEDEXはビジネスに特化しており、また早いものだときょう集荷で翌日届いたりするから(EMSは3日後位)、時間が読めるという部分の担保で高いというのはあるんだろうけど、もっと小さくて軽いビジネス書類であっても同じで、EMSだと1200円で済むものが他社だと3-4千円、スピード配送だと6000円前後くらいに高くつく。

EMSは郵便だから…(コスト安)という考え方もあるんだろうけど、逆に日本国内だと郵便とクロネコ・佐川等の間にそこまでの差は存在していないと思うのだ。(やっぱり郵便が安いけど)

国際宅配は飛行機だからお金がかかるっていうのはわかる。でも、郵便のEMSはなんで法外にこんなに安いんだ。中国にだって物凄い安価で届くぞ。なんと普通の書類でも900円から。


なんで? なんでなんで?


まあそれはともかく、民間宅配なんか、ダンボールで3万以上取られたら、引越しなんかできないよなぁ(引越便はもう少しグロス単価なんだろうけど)。どおりで身の回りの海外移住者は、みんな荷物を置いてく訳だ…。

はてなキーワード見たら国際配達にDHLとかもあんのね。北米へのビジネス文書が急ぎの時にこんどDHL使ってみようっと。

[rakuten:junglegym:10001271:detail]




[PR]ENEOSでの給油はポイント2倍!